音楽の習い事を始めたい人へ

こんにちは。すっかり春ですが時折まだ寒さが顔を出しますね。5月の演奏会にむけていろいろと準備が進んでいます。SNSに投稿していませんがフライヤーを置きに行ったり、練習したりとだんだん忙しくなってきました。

春、これから習い事をしたい、子供にやらせたいと考えている人は多いと思います。その場合、どんなタイプが音楽に向いているのかを私の経験上から少しお話します。

子供の場合

まず、お子さんは音の出るものや音を聞くことに興味がありますか?音は音楽じゃなくていいです。叩くと音が出るおもちゃが好きとか外出した時に音に興味を持ったりしているか?がポイントです。音楽は音の集合体です。そもそも音に興味がないと音楽はできません。よく音楽を聴くことが好きだからいいかな?と考えるのですが、音楽を聴くのが好きなのと音そのものに興味があることとは大きく意味が違います。楽器はまず音を出すことから始まります。音に対する興味を育ててあげると音楽が自然と好きになっていきます。いろいろな音を聞かせてあげて興味を持つようなら音楽の習い事にはむいています。

音が好きな子供は成長してピアノやバイオリンから離れてもまた戻ったり、バンドやDJなどに方向を変えて音楽と一生つきあっていきます。文字通り人生一生楽しめます。

大人の場合

大人の場合も子供と同様、音そのものに興味が持てることが一番大事です。楽譜が読めないとか、音程が解らないとかは訓練で何とかなる、どちらかというと勉強の部類です。よく子供の頃に音楽をやっていないと出来ないと思っている人が多いのですが地道に勉強出来る人ならそれなりに楽器を弾いたり楽譜が読めるように時間はかかっても必ず出来るようになります。ただ身体を使うためそれなりの筋力や運動能力は必要になりますし、楽器を使うものは身体に直接音の振動が伝わるので大きい音が苦手という人にはやや不向きです。

それからこれはどの習い事をやっても同じですが上達したいなら必ず個人での地道な練習時間が必要になります。楽器を弾いて音楽を奏でるのはかなり上級クラスなのでできるようになるまでかなり時間がかかります。そのため楽器初心者の場合は音楽にならなくても単純に音が出ていることが楽しい人のほうが長く続きます。

音出るの楽しい!⇒楽器を弾いてるの楽しい!⇒練習するから音楽ができるようになる(楽譜など理論も勉強する)⇒曲が弾けるという順番です。楽器を習うとすぐ音楽(曲)が弾けないとダメだ、という人は実は楽器を習うのには向いていません。楽器弾くと音が出てなんだか楽しい!という人のほうが上手に弾けなくても長続きしますので最終的には演奏できるようになります。

私はレッスンで初心者の生徒さんとはなるべく一緒に演奏するようにしています。音を楽しむことを覚えてほしいので同じ旋律を一緒に弾くだけではなく2重奏などのハーモニーを楽しむことも重点としています。生徒さんに開放弦だけ弾いてもらい、それにあわせて曲を私が演奏したりします。音が出せる、ということが単純に楽しい!と思ってもらえれば子供でも大人でもあとは練習すれば順番に上手になっていきます。

また今はどの音楽教室でも体験レッスンを受付していますのでやってみたい、興味がある、という方は一度実際に楽器に触れてみることをお勧めします。


Kyoumei Academy(音楽教室)は新規生徒さんを募集中です

教室へのアクセス・ご案内は「ここ」をクリック

☆無料相談予約、レッスン見学予約、体験レッスン予約(有料)へのお問い合わせはこちらから、もしくはトップページのCONTACTをクリックしてください。

LINEも開設しました!お気軽にお友達登録してください!

近郊地域 岐阜県多治見市・可児市・土岐市・瑞浪市・美濃加茂市・御嵩町 愛知県犬山市・瀬戸市・春日井市

※お電話でのお問い合わせはレッスンなどにより出られないことがございます。お急ぎの方はLINEもしくはEメールにてお願い致します。

名古屋市名東区、守山区、長久手市、日進市、東郷町、瀬戸市等は出張レッスンも承ります。(現在長久手市、東郷町、名古屋市にて出張レッスンを行っています。自宅以外の貸しスタジオでもレッスンを行っています。詳しいことはお問い合わせ下さい。)

SNS随時更新中!フォロー・いいねをよろしくお願いします。

コメントを投稿するにはログインしてください。

TOP